business

高齢者向けの“日々を支える”小売事業

いきいきらいふの流通事業として、2015年に立ち上げた『いきいきらいふマルシェ』事業。デイサービスなどの介護施設内で食料品などを販売し、気軽にお買い物に出かけづらい高齢者の方々の日常生活を支えています。
2017年8月には食品の製造・販売・流通で豊富な実績を持つ株式会社モルツウェルと業務提携を結び、宅配サービスを視野に入れた、さらなる躍進に向けて尽力しています。

いきいきらいふマルシェが生まれるまで

介護の現場で、「送迎中にスーパーの前で降ろしてほしい」「サービス時間中に外出して買い物に連れて行ってほしい」といった声を利用者様からよく聞くことがあります。ただ、これは現在の介護サービスではカバーしきれないニーズでした。そこで、介護施設内で高齢者に合わせた賞味期限の長い、少量食べきりサイズの食料品(レトルト食品やパン、お菓子など)を販売する新サービス「いきいきらいふマルシェ」が誕生したのです。介護事業者は売上アップにつながり、介護サービス利用者の方々は買い物の負担が減ることでサービス満足度が向上するため、導入のデメリットが無く、メリットが大きいサービスです。そのため、急速に導入施設数が拡大しています。

商品企画から仕入れまで、独自の流通網を構築

たとえば、昔懐かしいキャラクターを使ったお菓子や、おせちなどの季節食品。ある地方でしか買うことのできない限定商品。どんなものでも、ニーズがあると思えば流通網を独自に切り拓くのがいきいきらいふのスタイルです。サービスを体験できる試食会の開催など、自由なアイデアでのマーケティングも行っています。