正木 裕也 スーパーバイザー兼店舗管理者

行動し挑戦することが評価され成長できる会社です

正木 裕也 スーパーバイザー兼店舗管理者

【新卒】2015年入社:生活相談員 → 2016年:管理責任者(入社2年目) → 2018年:スーパーバイザー(入社4年目)

行動し挑戦することが評価され成長できる会社です

現在はスーパーバイザーとしてどのようなお仕事をされていますか?また仕事のやりがいはどのような時に感じますか?

現在は4店舗のスーパーバイザーを務めています。スーパーバイザーは店舗の売り上げを上げるためにマネジメントを行ったり、問題が起こった時に解決するアドバイスを行ったりします。自分で実際に店舗に入り込み管理するわけではないですが、自分のマネジメントを受けて店長が動いてくれ、数字が如実に上がった時にやりがいを感じます。数字が上がるということはお客様がたくさん来てくださり喜ばれているという証拠となります。現場の管理者も兼務しているため、お客様の笑顔を見ることが何よりのやりがいとなっています。

 

若手のエースと言われている正木SVですが、仕事を行っていて辛かった事や挫折しそうになったことはありますか?また、それをどのように乗り越えられましたか?

実際に自分で問題を見ているわけではないので他の店舗の店長が思っている問題と、自分自身が聞いた見た感じで受ける問題が違ってしまった場合に難しさを感じます。また、店舗によって地域柄やスタッフ同士の関係性なども違うため、一つのやり方では結果が出ない事が多いです。しかし、問題が起こった時や結果が出ないときには、関わっている人ととことん話します。話すことで、問題の原因がどこにあるのかを見つけることができます。コミュニケーションを多くとる事で、問題を未然に防ぐこともできています。辛かった時には、自分の上長のサポートがあったことがとても大きな支えになりました。上長自身の経験も含めて、答えをくれるのではなくアドバイスをくれて打開策を自分に考えさせてくれます。

 

いきいきらいふの魅力はどんなところですか?

新卒で入った身としてはこの速度で経験できない事を経験させてもらえていると感じています。1年目の社長のビジネス研修を初め店長研修やスーパーバイザー研修など多くの研修制度があるため一つ一つ学びステップアップすることができています。いきいきらいふは行動し挑戦をすることを評価してくれる会社です。わからないことでもやってみて経験することが勉強になっています。ミスをしたことを怒られるより、次にどのように立て直しをしていくかを一緒に考え、新たに行動することができています。挑戦できる背景にはサポートしてくれる人が常にいることがあると思います。

 

どのような将来を描きますか?

役職が上がり考えることは、自分自身がいきいきらいふに入ってよかった、成長出来ていると感じているように後輩や部下、これから入社される皆様にもそう思ってもらえるように自ら発信して会社づくりができる人間になりたいです。そのためにもまずは、統括長を目指します!!