栗原 智子 SPA王子生活相談員

”ありがとう”の言葉が溢れる職場です

栗原 智子 SPA王子生活相談員

【新卒】2016年入社:介護職員 → 2017年:生活相談員

”ありがとう”の言葉が溢れる職場です

介護の現場で働こうと思ったきっかけは何ですか?また、生活相談員の具体的な仕事内容を教えて下さい。

高校生の時に祖母が認知症を発症し、施設に入所する前に一時一緒に住んでいた時期がありました。自分自身には介護の知識もなかったのですが、祖母の話し相手をしていた時に、母から「凄い助かる、そういうの向いてるよ」と言われました。そこで、新しい気付きがあり興味が湧きました。他の介護の会社も見ましたが、いきいきらいふは自分が今まで抱いていた介護のイメージとは全く異なり、新しく変えていきたいという理念にも共感し、働き方としても自分に合っていたので選びました。

生活相談員は、ケアマネジャーの問い合わせに対応したり、お客様の身体状況を把握し共有する仕事です。つまり、お客様をチームで支える一員となるということです。いきいきらいふは入浴特化型デイサービスのため主に入浴支援でお客様の体に直接触れる仕事になります。お客様の身体の細かい変化に気づくことが大切で、それをケアマネジャーに共有しています。

 

未経験で介護の業界に入り実際どのように感じましたか?仕事の辛かったことやそれを乗り越えてのやりがいはどんなところですか?

初めは何をきっかけに話していいかわからなかったので緊張しっぱなしでした。この仕事には向いていると思い、少し自信を持って入社した分辛かったです。しかし、常に笑顔でいること、笑って話を聞くことを心がけることでお客様から話しかけてもらえるようになりました。「栗原さんの笑顔は元気が出るね、いつもありがとう」とお客様からもお声をいただき、やりがいに繋がっています。仕事をしていて難しいと感じることは、スタッフ間のコミュニケーションを円滑に進めていくことです。そこで、まずは仕事に集中して先輩スタッフに認めてもらえるよう努力しました。自分自身の仕事もそうですが、みんなが働きやすい環境を作るサポートを行うことで少しずつ認めてもらえるようになりました。そして今でも心掛けていることは❝感謝❞の気持ちを言葉にして伝えるということです。どんな時でも上司が悩み事を自ら聞いてくれるので頑張ることができています。

 

栗原相談員はどんな将来を描きますか?

山田管理者のような管理者になりたいです。理由としては、山田管理者はお客様からもスタッフからも信頼が厚いからです。そして数字にもこだわり結果を出されています。まずは、自分を育ててくれたSPA王子店で管理者としてお店をまとめる存在になりたいと思っています。

 

これから入社する後輩、そして就活生にメッセージをお願いします。

介護を何もわからない状態で入社しましたが、きっちり教えてくれる会社です。車いすの畳み方さえ知らなかった私に一つ一つ丁寧に教えて下さいました。介護の業界を知らないからこその成長や気付きがあると思います。就職活動を行うときはやりたいことがあればそこに絞ってしまう方も多いですが、色々見てみると意外と自分の天職に出会えるかもしれません!!