田中 葵 SPA浅草介護職員

なりたい自分に投資できる、それを応援してくれる会社

田中 葵 SPA浅草介護職員

【新卒】2018年入社:介護職員

なりたい自分に投資できる、それを応援してくれる会社

なぜ介護の業界に興味を持ったのですか?いきいきらいふの決め手は何ですか?

大学3年生の時に祖母が要介護状態となり、家族で介護を行っていました。私も祖母の着替えやデイサービスへの送り出しなどで手伝っていて、こういう仕事向いているかもしれないなとは感じていました。就職活動は幅広く行っていましたが、いきいきらいふの説明会に参加した際、「どこに行っても通用する人間を育てる」という言葉を聞き、介護ばかりを行うのではなくどこにでも通用する社会人になりたいと思っていた私にとって、この言葉がマッチしたことが一番の決め手となりました。

入社して半年が経ちましたが、実際入社してギャップはありましたか?

ギャップはあまりありませんでしたが、社長や上司のやる気や熱意が直接伝わる職場だと感じています。半年間ビジネススキル研修を社長自ら行って下さり、毎月ミッションがあり達成するには辛いこともありますが、その一つ一つが今の自分の行動に繋がってきていて、今では社員一人でお店をまかせて頂くことも増えてきています。お店にとって役に立っていると感じれたときにやりがいを感じます。

田中さんはどんな将来を描きますか?

入社半年なので具体的に決まっているわけではないですが、2~3年目には店舗の管理責任者としてお店をまとめる存在になりたいと考えています。その他にも新人教育や研修などの人材育成や採用にも興味があります。日々いろんなことを吸収して自分の可能性を広げていきたいと思っています。

就職活動をされている皆さんに自分自身の経験も踏まえてメッセージをお願いします。

就職活動の時には”自問自答を3回繰り返す”ということを必ず行っていました。この自問自答は自分が出した答えになぜ?という言葉をつけて、どうしてその答えを導き出したのかを納得するまで行います。根本的に自分が納得しているということは”~したいから、~するため”という自発的な理由になります。私は今”どこに行っても通用する社会人になりたいから”いきいきらいふで日々学び吸収しお客様にサービスを提供しています。就職活動をしているとどうしても条件を見てしまいがちになると思いますが、もし活動中に不安になったらこの自問自答をしてみてください。