伊藤 卓志 マルシェ管理者兼FCブランドマネージャー【中途】

【中途】マルシェ管理者候補として入社→店舗で半年間研修→現在に至る

伊藤 卓志 マルシェ管理者兼FCブランドマネージャー【中途】

会社も自分も変化し続ける会社です

【中途】マルシェ管理者候補として入社→店舗で半年間研修→現在に至る

何がきっかけでいきいきらいふを知りましたか?

転職サイトで色々と探している時にいきいきらいふマルシェ(高齢者向けの販売サービス)の管理者の募集を見つけた事が最初のきっかけです。もともとはまったく違う業界で勤務をしていたため、少しは介護に興味はあったもののこの業界で探していた訳ではありませんでした。

 

伊藤さんから見るいきいきらいふの特殊性や魅力って何ですか?

①先を見据えれば、介護需要は年々伸びるから将来性はある
②営利法人として、介護事業だけでなくマルシェという流通事業も手掛けて面白い
③ポストがある(上にいけるチャンスがある)
④この人の下で働いてみたい(当時:小林MG 現:直営事業部部長)
⑤自分が会社を大きくしたい(過去の自分が間違っていなかったと実証してみせる)

僕は、この5つの理由でいきいきらいふを選びました。特にいきいきらいふマルシェ事業に関しては、他の介護の会社を探しても介護サービスを行いながら新たな事業やサービスに取り組んでいる会社は少なく、誰もやっていないなら自分たちでやってみようという挑戦力がいきいきらいふの魅力であり、特殊性だと感じます。

 

店舗で介護職として半年間勤務されていましたが、今の仕事にどう生かされていますか?

現場を経験して本当に良かったと思っています。半年間現場いた中でも管理者が変更になったり、新入社員が入社し指導したり、実地指導を経験したりと様々な事を経験させて頂きました。現場でお客様の生の声を聴くことができたのはいきいきらいふマルシェの商品開発にとても生きています。価格帯や商品のバリエーションなどをいつも顧客目線で商品を考えられているのも現場の経験があったらからです。
現在はスーパーバイザーも兼務しており現場を知らずにスーパーバイザーをやっていたらマニュアルや書面での指導しかできなかったと思います。しかし、現場を経験したからこそわかる悩みもあり、一緒に解決することができています。

 

伊藤さんはどんな将来を描きますか?

正直10年後の自分はまだ想像できていません。しかし、今与えられているタスクの目標を達成する事が直近の目標です。そこで、自分がこの会社にいる意味を見出し結果を残したいと考えています。まだ、今の役職についたばかりで知識も足りず遠慮してしまっているため課題は山積みです。今は正直踏ん張りどころだと思っています。大変な時は大きく変われる時であり自己変革・自己成長のために頑張りたいです。どんな時でも相談できる上司がいてくれるため心強いです。