病院勤務で疲れ、業界から離れた僕が希望を見出したポイント!

【中途入社】サービス提供責任者として入社

病院勤務で疲れ、業界から離れた僕が希望を見出したポイント!

目澤 祐弥

【中途入社】サービス提供責任者として入社

いきいきらいふに転職したきっかけはなんですか?

福祉の短大を卒業してから11年間、総合病院の回復期リハビリ病棟で患者様の入院生活の介助を主に行なってきました。当時、現場は深刻な人手不足で、業務に追われる日々の繰り返し。自分の中での先が見えない不安を感じて、このまま介護の仕事をしていていいのだろうか?いつまで続けるのだろうか?と思い悩んでいました。そして、現状を変えたいという思いから、介護の仕事から離れて運送の仕事に転職しました。運送会社の仕事には得に不満は無かったのですが、明確な目標もないまま働き続けてこの先どうなるのだろう、と自分の将来像が見えてこない部分もあり、自分の現状を考え、やはり11年間介護に携わった経験を活かしたいと思い、介護に戻ろうと何社か介護事業所の面接を受け、内定もいただきました。ただ、また介護職に不安や疑問を抱えて働いていくのかという迷いも持っていました。

 

そんな時にいきいきらいふの求人と出会い、ん?他の事業所や介護施設とは何かが違うなと感じました。面接で社長と部長にお会いして、この先の介護業界に必要なものを見据えて様々なビジネス展開しているこの会社でなら、これまでと違う介護ができると思い入社を決めました。介護の待遇や環境など世間一般に言わている悪いイメージを、ここなら変えられると思ったのも入社の理由の一つです。

 

入社してみて、前職と比べてどのようなところが違っていましたか?また、働き方は変わりましたか?

以前の職場は人員不足で余裕が無く、目の前の業務をこなすことだけで精一杯でした。いきいきらいふは介護事業を主としていますが、マルシェ(流通・食品販売事業)や企業提携など、介護事業にとらわれないビジネス展開をしているので、広い視野からお客様のニーズを汲み取って提案を出来るところが、他の介護会社とは違うところであり、特長だと感じています。

 

例えば、一人暮らしで、「食べたくない」「買い物に行くのも億劫」という生活意欲の低下が見られるお客様に、マルシェのご案内をしたところ、好きな商品を自ら選び、購入されるようになりました。ご本人様より「ご飯がおいしく食べられるようになった」と嬉しそうにおっしゃられる姿が見られるようになりました。

 

いろいろな事業をやっている会社なので、各部署の担当とスピーディーに連携、対応がとれ、介護保険事業の枠にとらわれない新しいサービスの提供による質の向上、お客様の生活の改善を考えたケアや提案が出来るようになりました。

そういう環境にいると、介護業務以外でお客様の細かなことに気付くことが出来るようになってきます。それで、今度はこんなことが提案出来ると生活の質の向上につながるかな?とか、いろいろアイデアが浮かんできます。お客様の喜ぶ顔が見たい・役に立ちたいなどの明確な目標があると、それを達成したときに、そのことがやりがいになるんです。
前職まではやりがいのある仕事をすれば自分が変われると思っていましたが、そうではなく、やりがいは自分自身で見つけるものだと、いきいきらいふに入社して気付きました。

 

今の目標はなんですか?

お客様一人一人と向き合い、介護の枠にとらわれないサービスを考え提供し、お客様のお役に立つことが今の目標です。そして、いきいきらいふだからこそできる介護にとらわれない様々な経験をすることで、何でもできるビジネスマンだけど、その中で誇りを持って介護の仕事を選択したという人間になりたいです。